×

「月下雷鳴」を継承進化、フィールズが新機種「パチスロモンスターハンターワールド:アイスボーン™」プレス説明会を開催

フィールズは10日、東京都台東区の同社ショールームにおいて新機種「パチスロモンスターハンターワールド:アイスボーン™」(エンターライズ製)のプレス説明会を開催した。

本機はパチスロ「モンスターハンター」シリーズの最新作で、「狩猟」と「剥ぎ取り」の繰り返しによって出玉を獲得するゲーム性が人気を博した「パチスロ モンスターハンター月下雷鳴」(2014年3月導入)の要素を踏襲しつつ、さらなる進化を遂げた6.5号機となっており、全国のパチンコホールへの導入は2023年1月下旬を予定する。

AT純増は約2.8枚/Gで「月下雷鳴」同様に「狩猟BONUS」と「剥ぎ取りチャンス(G)」のループによって出玉を増加獲得することができる。ボーナス中は小役によってモンスターの体力を削り、ベルで攻撃のチャンス、ベル連やレア役はアイテムや罠等で大ダメージのチャンスといったお馴染みの仕様を継承。新たなアイテムや大ダメージのチャンスとなるミッションも追加されている。

通常時はレア役などを契機に発展する「クエスト」や「アイルーBINGO」といったCZのほか、突入でAT濃厚となりBARが揃うたびにボーナスをストックする「セリエナ防衛戦」の3種類を搭載。また通常時の液晶右下には「ぷちBINGO」が表示されており、リプレイ2連以上でマスを開放。ビンゴでCZのチャンスとなる要素も加わった。

なお、2023年1月には導入に先駆けて同機の「ジンオウガBONUS」を体験できるアプリの配信をAppStore、Googleストアにて予定している。

機種サイト

回答結果 (回答数1,297件)

エンターライズの新機種「パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™」につきまして、あなたの考えに近いものはどれですか?

期待している(61.4%)
どちらかというと期待している(15.7%)
どちらかというと期待していない(8.6%)
期待していない(14.2%)
投票は終了しました

アンケート一覧はこちら


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 画像左の人ってMH4のオープニングムービーに出てくる人ですよね!

    0
    1

今、読まれています!

1

関西エリアを中心にパチンコ店をチェーン展開する延田グループ(本社・大阪市中央区)は、2022年12月 ...

2

パチンコ業界においてスマート遊技機が普及するとどうなるか。最近あちこちでその話題が出る。気をつけなけ ...

3

「Pもっとあぶない刑事」(ニューギン) 12月の入替は年末年始の繁忙期向けに中旬のほうがやや層は厚い ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島