×

円谷フィールズHDの2023年3月期第2四半期決算は増収増益、パチンコ・パチスロ販売が順調

円谷フィールズホールディングスが8日に発表した2023年3月期第2四半期の連結決算は、売上高422億3000万円(前期比プラス13.1%)、営業利益35億3400万円(同プラス885.9%)、経常利益37億5300万円(同プラス528.4%)、純利益25億3600万円(同プラス702.7%)だった。

PS事業では、パチンコ5万4000台、パチスロ1万8900台を販売し、累計販売台数は8万4300台(前期比プラス8.3%)と順調に推移。そのほかのPS関連事業も順調かつ堅実に推移し、売上高353億3400万円(前期比プラス10.0%)、営業利益19億3300万円(前年同期は4億6900万円の営業損失)となった。

今後は、「スマパチ・スマスロ商品」と「非スマパチ・スマスロ商品」双方の市場ニーズが求められると予想し、ファン並びにパチンコホールのニーズに寄り添ったバランスの良い商品ラインアップを目指す方針。なお、第3四半期に納品予定のパチンコ・パチスロは既に完売しており、その他の商品の販売も順調に進捗しているという。

コンテンツ&デジタル事業は、売上高60億4600万円(前期比プラス44.8%)、営業利益16億2300万円(同プラス112.8%)で増収増益。円谷プロダクションにおいては、国内外のマーチャンダイジング(MD)が好調に推移し、特に中国はじめアジア地域におけるトレーディングカード等MDが大幅に伸長。また、デジタル・フロンティアにおいては、国内大手ゲーム会社を中心としたCG映像制作やNetflixとのVFX映像制作等が引き続き堅調に推移した。

2023年3月期の連結業績予想に変更はなく、売上高1050億円、営業利益60億円、経常利益60億円、当期純利益40億円を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

千葉県柏市にて営業してきたパチンコホール『やすだ柏店』が閉店したのは本年8月16日のこと。同店は国道 ...

2

2022年11月21日からスマスロの導入が開始されたことは周知の通りだ。新たなゲーム性として「メダル ...

3

「Pもっとあぶない刑事」(ニューギン) 12月の入替は年末年始の繁忙期向けに中旬のほうがやや層は厚い ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島