×

パチンコ・パチスロの販売台数が増加、大幅な増収増益を達成 ~SANKYO、2023年3月期第2四半期決算を発表

SANKYOは7日、2023年3月期第2四半期連結決算を発表した。それによると売上高699億6300万円(前年同期比プラス149.3%)、営業利益264億1500万円(同プラス806.4%)、経常利益268億4200万円(同プラス687.3%)、四半期純利益213億600万円(同プラス365.7%)。パチンコ機・パチスロ機の販売台数が大きく伸び、前年同期比で大幅な増収増益を達成した。

パチンコ機関連事業においては、「フィーバーからくりサーカス」(3万台販売)や「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア3黄金絶唱」(2万6800台販売)などを販売し、販売台数は14万4304台(前年同期比プラス137.6%)。その結果、売上高630億2100万円(同プラス145.5%)、営業利益282億7500万円(同プラス334.9%)と大幅な増収となった。

パチスロ機関連事業においては、「パチスロ アクエリオン ALL STARS」(8836台販売)を販売し、販売台数は1万90台(前年同期比プラス323.2%)となり、売上高47億5100万円(同プラス320.1%)、営業利益10億3900万円(前年同期は14億6900万円の営業損失)となった。

第3四半期以降も引き続き電子部品不足の影響抑制に努め、スマートパチスロの投入や今後シリーズ化を期待する新規IPを採用した機種を複数投入していく予定で、通期でパチンコ25万台、パチスロ4万台の販売を計画している。

なお、2023年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、売上高1350億円、営業利益450億円、経常利益460億円、当期純利益350億円を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年11月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによる ...

2

『オーパス・ワン立石店』 東京都葛飾区のパチンコ新店『オーパス・ワン立石店』が2022年12月1日( ...

3

ユニバーサルエンターテインメントは28日、パチンコ新機種「P真バジリスク~甲賀忍法帖~豪塊W319v ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島