×

10月末までに廃業したパチンコ店は675軒、昨年1年の数値を上回る 全日遊連「組合加盟店舗の実態調査結果」

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)はこのほど、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最新の集計結果を発表。それによると、2022年10月末時点の営業店舗数は、9月末より59店舗減少し6925店舗(前年同月は7718店舗)となった。

また、新規店舗数は0店舗(前年同月は2店舗)、廃業店舗数は46店舗(前年同月は38店舗)、10月中に発生した休業店舗数は24店舗(前年同月は25店舗)。10月までの本年累計廃業店舗数は675店舗となり、昨年1年間に発生した廃業店舗数(637店舗)を上回った。

遊技機の設置台数については、パチンコが201万5826台(前月比マイナス9025台)、パチスロが124万3763台(同マイナス6970台)で、総設置台数は前月比マイナス1万5995台の325万9589台となった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:9件 コメントを書く

  1. 遂に 7000店を 下廻ったか

    24
    1
  2. スマスロの動き待ちって店が多いな。今月末1週間の動きで判断されるだろう。
    となると23年1月の閉店が増えると思われる。

    23
    4

今、読まれています!

1

千葉県柏市にて営業してきたパチンコホール『やすだ柏店』が閉店したのは本年8月16日のこと。同店は国道 ...

2

2022年11月21日からスマスロの導入が開始されたことは周知の通りだ。新たなゲーム性として「メダル ...

3

「Pもっとあぶない刑事」(ニューギン) 12月の入替は年末年始の繁忙期向けに中旬のほうがやや層は厚い ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島