×

14時時点で獲得枚数1万枚オーバーの台も確認、パチンコ激戦区におけるスマスロの導入・稼働状況

千日前エリアでスマスロ最多設置となっていた『ARROW namBa HIPS』

本日11月21日より全国のパチンコホールで稼働解禁となった「スマスロ」。午前中の時点でツイッターのトレンド入りを果たすなど立ち上がりは上々と言えそうだ。お昼を過ぎたあたりからは万枚報告がちらほら出始め、出玉性能の高さが早くも話題となっている。

関西を代表するパチンコ激戦区の「難波・千日前」を視察したところ、本日21日より稼働を開始しているのは『ARROW namBa HIPS』(32台)、『123難波店』(20台)、『キョーイチなんば店』(12台)、『キョーイチミナミ店』(12台)の4店舗。設置機種は「Lバキ 強くなりたくば喰らえ!!!」と「パチスロ 革命機ヴァルヴレイヴ」のみで、同エリアで「スマスロリノヘブン」を選択した店舗はない。

14時頃の稼働状況はどの店舗もスマスロに空き台はなく大盛況。特に『123難波店』では立ち見客が出るほどの盛り上がりとなっていた。というのも「ヴァルヴレイヴ」で1万枚超えが1台、6千枚が1台、4千枚が1台と大量のメダルを獲得している台が散見していたことが大きいだろう。

本日、稼働開始となっていない店舗でもスマスロ導入に向け、着々と準備が進められている。『マルハンなんば新館・本館』『楽園なんば店』『スロットシアター四海樓』では、スマスロ専用ユニットの設置が完了。『CLUB-D』では設備変更のため、20時に閉店するむねが告知されていた。

また、東京の上野・秋葉原駅周辺店舗では「エスパス日拓」と「PIA」が大量導入を行っている。

特に上野駅周辺は『楽園 上野アメ横店』のオープンも控えて迎え撃つ3店舗の士気は高く、『PIA上野店』が合計52台、「エスパス」も『上野本館』、『新館』にそれぞれ計40台と3店舗合計で132台ものスマスロが導入されている。

『エスパス日拓上野本館』

導入日の午後に視察したところ上野、秋葉原いずれの店舗もスマスロはほぼ満席。午後開放ながら既に6000枚強を獲得してなおRUSH滞在中の台もあり、これまでのパチスロにはない出玉性能に期待が持てそうな雰囲気となっていた。

スマスロ以外についても同時に増台アピールを行った店舗もあり、「カバネリ」や「新鬼2」といった6.5号機も各店舗フル稼働と久々に活気のあるパチスロが戻ってきたという印象だ。一方でパチンコは爆発力重視のスペックにやや空席が出ており、スマスロ導入によって移動したユーザーも少なくはなさそうである。

なお、離席対応等は店舗によって若干内容が異なり、店員へ告げる、ユニットから離席を選択する、離席札を下皿へ入れる、離席カードをレバーにかける、と様々だ。個人的な意見としてはレバーへ札をかける対応が最も分かりやすく感じた。ただし大量導入を行っていた店舗ではスタッフが常に状況を確認しておりユーザーに仕様が浸透するまでは注意が必要だろう。

好調なスタートを切ったと言えるが客層は若年から中高年の男性が多く、スマスロについてある程度理解のあるユーザーしかいなかったという印象。高齢者層やライトユーザーがスマスロへ移行するには普及率も含めてまだまだ壁がありそうだ。

アンケート

「スマスロ」を遊技された方にお尋ねします。メダルがない点についてどう思いましたか?

快適に遊技できた

快適に遊技できなかった(メダル機の方がよい)

投票しないで結果を見る

アンケート一覧はこちら


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:115件)


コメント:56件 コメントを書く

  1. 時速5000枚って4号機規制の発端となったワードですが
    新保安課長激怒しないか心配です。

    34
    8
  2. こんなにダラダラ長くデタラメ書くとかいつからヤフコメになったんだ

    29
    7

今、読まれています!

1

千葉県柏市にて営業してきたパチンコホール『やすだ柏店』が閉店したのは本年8月16日のこと。同店は国道 ...

2

2022年11月21日からスマスロの導入が開始されたことは周知の通りだ。新たなゲーム性として「メダル ...

3

「Pもっとあぶない刑事」(ニューギン) 12月の入替は年末年始の繁忙期向けに中旬のほうがやや層は厚い ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島