×

東京都江戸川区のパチンコ店『メッセ西葛西店』では合計39台のスマスロが稼働を開始、来週には早くも増台予定となっている

『メッセ西葛西店』

「メッセ」グループは東京都を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンである。経営店舗は全て「メッセ」の屋号を冠しており計13店舗を営業中だ。

2017年に同社最大規模となる『メッセ竹の塚店』を新築でグランドオープンして以降、一気に勢いが加速。特にJR中央線沿線で着実に勢力を拡大しており、昨年11月には『吉祥寺店』を居抜き出店したことも記憶に新しいところだろう。

そんな同社ではもちろんスマスロも積極的に導入している。中でも『竹の塚店』と並んで最大規模を誇る『メッセ西葛西店』では3機種合計39台が11月21日(月)から稼働を開始した。

内訳は「ヴァルヴレイヴ19台」「バキ11台」「リノヘブン9台」となっていて、初日は13時の新台開放。その数分前に同店を訪れたところ(僅かながら空き台があったものの)程なくして満席となり、まずは順調なスタートを切っていた。

なお、40台1ボックスの内、真ん中付近の1台を止める格好でスマスロ島としていた点も付記しておきたい。また入口付近には「11月29日(火)スマスロ増台」との告知も見られており、更に規模を拡大していくようだ。

東京都江戸川区を代表する有力ホール故に、近隣にお住まいの方は是非確認してみていただきたい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:101件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. スマスロ‥ハマりがキツそうなイメージだけど

    0
    1

今、読まれています!

1

ハリウッドチェーンとして全国にアミューズメント事業を展開する成通グループ(本社・岡山市北区)は24日 ...

2

『PAO共和店』 愛知県大府市にて営業してきたパチンコホール『三京会館共和店』が閉店したのは本年3月 ...

3

渋谷O-nest パチンコ店の入替作業をスポーツ化した通称『ⅰスポーツ』については以前も少し触れた通 ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島