×

スマスロ全国最多設置の『PIA柏 スロット館』、過去データには万枚オーバーの達成も複数あり店舗のやる気は伝わってきた

『PIA柏 スロット館』

今月21日よりスマートパチスロ(スマスロ)の導入が始まっている。大量導入を行う店舗が多数出ているが、「マタハリー(PIA)」グループでは全体で900台超、パチスロ設置台数に対する導入割合17.0%を謳っている。そして、千葉県柏市の柏駅東口に立地する『PIA柏 スロット館』は11月22日のリニューアルオープンに先駆けてスマスロを100台以上導入を告知していた。

22日のオープン時点では「バキ」36台、「ヴァルヴレイヴ」19台、「リノヘブン」17台の計72台が導入済みとなっており、編集部調べでは総設置台数全国最多だ。

25日金曜午後に同店を視察したところ、スマスロは「バキ」が1ボックス、「ヴァルヴレイヴ」と「リノヘブン」の混じったボックス、「リノヘブン」と旧機種バラエティーコーナーのボックスといった具合に配置されていた。旧機種バラエティーが30台残されており、そこへ12月上旬導入の「鏡」が加わって100台超になると思われる。

”スマスロの大本命”とする「鏡」の導入が予告されていた

稼働状況は「ヴァルヴレイヴ」こそ満席に近かったが「バキ」は3割程度が空席、「リノヘブン」も大半が空いていた。午後15時前後とやや早い時間だった影響もあるが現状の話題性では「ヴァルヴレイヴ」が頭一つ抜けているのは間違いない。ただし万枚近くを獲得していた「バキ」もあり波に乗った際の爆発力は目を見張るものがある。

また、同店ではスマスロの「モデル店舗認定」なるアピールが行われているが設置台数を除けば特殊な施策は感じられなかった。他店舗同様に出玉感のアピールが課題であり、設置台数が多い分だけ台上や台間の空きスペースも気になってくる。今後、他店が増台を行っていくうちに直面すると思われる課題に先行してあたるという点ではモデル店舗として業界への貢献は大きい。

とはいえ、まだまだ台数が少なく打つ機会に恵まれないスマスロを比較的高確率で打てる設置台数は魅力だ。過去データを見れば万枚オーバーの達成も複数あり、店舗のやる気は伝わってくる。そもそも柏駅東口は「楽園」と「PIA」が永くしのぎを削っているエリアだけあって期待感は高い。次の「鏡」導入時にも盛り上がりそうだ。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. PIAグループには気を付けて下さい。
    そのうちぼったくられます。

    7
    4

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島