×

全商協、「オレンジリボン運動」に参加

全国遊技機商業協同組合連合会(全商協)ならびに所属の東日本遊技機商業協同組合(東遊商)は27日、東京都中央区の銀座ブロッサム中央会館ホールで開催されたNPO法人児童虐待防止全国ネットワーク主催の「第20回 子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会」に参加した。

11月は児童虐待防止推進月間であり、期間中は児童虐待の現状を多くの人に知ってもらい、子どもたちの安心な未来を守ろうと全国各地で集会が行われる。全商協は児童虐待を防止する「オレンジリボン運動」に賛同し、当日は中村昌勇会長をはじめ、東遊商などから組合員有志が参加した。

集会の冒頭、主催者を代表して児童虐待防止全国ネットワークの吉田恒雄理事長が挨拶し、「189(いち早く)」の通報番号を広めるとともに、虐待の予防から自立までの切れ目ない支援の輪を呼びかけた。

第1部の「虐待死を悼み、命を讃える」では、過去一年間に虐待で命を失った子どもたちに、参加者全員で黙とうを捧げた。第2部では「生い立ち関係なく、誰でも好きなじぶんになれる!」と題して、一般社団法人ゆめさぽの田中れいか代表が講演とトークセッションを行った。

また、新型コロナ感染拡大の影響で中止していた「鎮魂の行進」を3年振りに実施。参加した組合員は、子ども虐待防止に対する想いを胸に、プラカードやオレンジ色のペンライトを持ち、銀座大通りを行進した。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

都内のパチンコ店が提供してきた金地金賞品「1g金賞品(大景品)」と「0.3g金賞品(中景品)」が、相 ...

2

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

3

「パチスロ モンスターハンターワールド:アイスボーン™」(エンターライズ) 1月30日の新台導入は「 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島