×

ユニバーサルの第3四半期決算は増収増益、「オカダ・マニラ」の業績が堅調に推移

ユニバーサルエンターテインメントは14日、2022年12月期第3四半期決算を発表。売上高886億1400万円(前年同期比プラス53.6%)、営業利益5億7900万円(前年同期は営業損失43億3000万円)、経常利益124億400万円(同経常損失77億3500万円)、純利益25億2900万円(同純損失183億9800万円)で増収増益となった。

遊技機事業においては、パチスロ機では「ニューゲッターマウス」「パチスロ新鬼武者2」、パチンコ機では「Pバジリスク~桜花忍法帖~早咲き99ver.」を販売。期中の販売台数はパチスロ機2万2702台(前年同四半期は4万6867台)、パチンコ機3011台(前年同四半期は2999台)となり、その結果、売上高391億3000万円(前年同期比プラス11.2%)、営業利益67億7900万円(同プラス37.1%)で増収増益となった。

第4四半期は、「パチスロ バイオハザード RE:2」「花火絶景」「沖ドキ!GOLD」の市場投入・販売を開始。いずれの機種においても受注台数は好調に推移しており、6万1670台が受注済となっている。

統合型リゾート(IR)事業においては、売上高487億7500万円(前年同期比プラス124.7%)、営業利益21億9700万円(前年同期は営業損失25億4100万円)。2022年5月31日から9月22日までの期間、岡田和生氏とその指示を受けたグループが起こした施設占拠等による影響を受けたものの、オカダ・マニラの業績は堅調に推移しており、メインアトラクションの再稼働などにより来場者数はコロナ禍前に近い水準まで回復した。

また、メディアコンテンツ事業では、「ハナビ通」のシミュレータアプリの販売、DMM GAMESで2022年8月よりPC版の提供を開始するなどしたが、売上高は5億7800万円(前年同期比マイナス13.2%)、営業損失1億1000万円(前年同期は営業損失7900万円)となった。

なお通期の連結業績予想については、売上高1390億円、営業利益110億円、経常利益190億円、純利益95億円を見込む。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島