×

日遊協、3年振りに新年会を開催

日本遊技関連事業協会(日遊協)は11日、東京都千代田区のグランドアーク半蔵門において定例理事会、臨時社員総会並びに新年祝賀会を開催。臨時総会は理事の補充選任を行うためで、中国・四国支部長の異動に伴い、長鋪昭壱郎新理事を承認した。

西村拓郎会長は3年振りに新年祝賀会を開催することができたと謝意を述べ、「今年は4月にもスマートパチンコが市場に出てくる予定であり、これまでの3年間のコロナ禍から脱し、やっと明るいニュースのもと、明るい一年にぜひともなって欲しい」と年頭の挨拶を述べた。

新年祝賀会で西村会長は、遊技産業議員連盟(議員連盟)の議員各位を初めて招くことができたと報告。田中和徳会長(議員連盟)は議員連盟の会員増強に向け、理解と協力を呼びかけた。平沢勝栄衆議院議員、逢沢一郎衆議院議員、葉梨康弘衆議院議員、鈴木隼人衆議院議員、木村義雄前参議院議員が祝辞を述べた。また、加盟団体を代表し、日工組の榎本善紀理事長が登壇し、「いよいよ4月にスマパチが船出予定。日工組としてファンを増やせるよう広報に力を注いでいく所存。まだまだ諸問題はあるが、時代に合わせた業界となるよう、キャッシュレス、スマホとの連動等、未来につなげていきたい」と挨拶した。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島