×

ニューギン、直営店でパチンコ新機種「Pだるまっしゅ2 119ver.」のテスト導入を実施

ニューギンは17日、名古屋市中川区の直営パチンコ店『パーラーニューギン』においてパチンコ新機種「Pだるまっしゅ2 119ver.」のテスト導入を実施。4円パチンココーナーに4台、1円パチンココーナーに2台の計6台を設置した。

同機は、昨年6月に導入開始となった「Pだるまっしゅ2」の甘デジスペックで、大当り確率1/119.80の時短突破型のST機。STの合算突入率は約52.1%、継続率は約90.4%(残保留4個を含む)。ST中の大当りの15%で最大出玉の10R(約560個)が獲得できる。

ST突入までは前作同様、初回大当りから時短(70回)を突破して突入させる王道ルートに加えて、「突サポ」(1/676.33)と「突CZ」(1/703.93)が存在。このうち、「突CZ」は10回転で大当りを引けば次回1万回の時短が付与され、ST突入の大チャンスとなる。大当りを含んだチャンス発生率は約1/88.9。

また、ST中も前作同様、「ウォータースライダーモード」と「大繁盛モード」といった選べる2つのモードが楽しめるる。

本機について同店スタッフは「出玉は若干少な目だが前回よりも打ちやすくなっているようだ。STの突入率も前回より上がっていて、遊びやすい感じだと思う」と話した。

©Newgin Co.,Ltd


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

サミーは27日、同社公式YouTubeチャンネルにおいてパチスロ新機種「スマスロ北斗の拳」のプロモー ...

-新台, パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, , ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島