×

関西遊商、新年臨時総会並びに代表者研修会開催

全商協所属の関西遊技機商業協同組合(関西遊商)は17日、大阪市中央区のホテル日航大阪において新年臨時総会並びに代表者研修会を開催した。

先に行われた代表者研修会の冒頭、挨拶に立った小西哲也理事長は「昨年秋にスマスロ、そして今年4月以降にはスマパチが導入される。1台でも多くの機械を流通させることを念頭に活動していきたい」と抱負を述べた。

代表者研修会では、大阪府社会福祉協議会より車イス寄贈に対する感謝状の贈呈が行われ、同協議会の田中常務理事から小西理事長に感謝状が贈られた。田中常務理事は関西の社会福祉協議会に対する支援に謝意を述べた後、「これからも継続した車イス寄贈をお願いしたい」と挨拶した。

その後、同組合顧問税理士である関西合同会計事務所の西棟税理士が、今年10月より実施されるインボイス制度についてレクチャー。続いて開催された臨時総会では、「規約の一部改正の承認を求める件」「法定利益準備金の組み替えの承認を求める件」「字句の一部修正委任の件」について審議し、いずれも可決承認された。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島