×

京都府のパチンコ企業「㈱ナカサン」が運営してきた2店舗が2月18日を以って閉店に、昨年11月には経営者らが風営法違反の疑いで書類送検されていた

京都府京都市の右京区にて営業してきたパチンコホール『プレイヤーズクラブ パラ西院店』が2023年2月18日(土)の営業を以って閉店している。

同店は阪急電車「西院駅」より徒歩15分ほどの場所に店舗を構えており、パチンコ機174台・パチスロ機137台(合計311台)の小規模ホールであった。48年近い歴史を誇る老舗店舗だったが、公式ツイッターで閉鎖が告知された次第だ。

ただし、その時点で同店のホームページを確認すると2月21日(火)にスロット増台および新台入替を行う旨の告知が残ったままだった。このことからも急遽閉店が決まったように思われる。(現在は臨時休業中の表示に変わっている点も付記しておきたい。)

運営母体となる株式会社ナカサンは京都府にて2軒のパチンコホールを営業してきた。ちなみに昨年11月には同社の経営者らが風営法違反(無承認変更)の疑いで書類送検されたと複数のメディアが報じていたもの。故に今後の動向にも注目が集まっていたところである。

なお、経営ホールのもう一つ『パーラー ルート1』も同じく2月18日(土)の営業を以って閉店することがホームページ上でも告知されている。こちらはパチンコ機246台・パチスロ機128台(合計374台)の中規模ホールだった。

これにて株式会社ナカサンの経営する2店舗はともに閉鎖されることに。なお、グループ会社において『プレイヤーズクラブ パラ向日市店』も運営しているが、こちらは営業を継続するようだ。


コメント:14件 コメントを書く

  1. パーラールート1、パラ西院共に17日金曜日に営業許可取消し通達
    17日の閉店後、店前ポスター等全撤去
    ポスターは18日を持ちまして閉店とありますが18日は朝から営業していません(確認済)

    34
    3
  2. 貯玉どうすんだよ!!

    24
    7

-パチンコ業界ニュース, 閉店・休業情報, ホール

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」