×

大阪のIR整備計画が国より認定受ける

「大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域の整備に関する計画(案)」で示された大阪IRのイメージパース

大阪府のIR推進局推進課調整グループは14日、大阪IR株式会社と共同して昨年4月に国に申請していた「大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域の整備に関する計画」について、国土交通大臣より認定を受けたと発表した。

大阪府及び大阪市は「大阪・関西の持続的な経済成長のエンジンとなる世界最高水準の成長型IRの実現を図ることで、成長産業たる観光分野の基幹産業化を図るとともに、大阪経済の更なる成長を実現し、もって我が国全体の観光及び経済振興の起爆となることを目指し、引き続き、大阪IR株式会社と公民連携し、大阪IRの事業実現及び早期開業に向け取り組む」としている。

2025年の大阪・関西万博の開催場所である大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲に建設を進め、2029年の秋から冬ごろの開業を目指しているという。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, カジノ関連
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」