×

68台から始動したスマスロ専門店『スマートプレゴ池袋』が139台まで増台へ、4月25日にいよいよスマパチ「仕置人」の導入も開始する

東京都豊島区南池袋にて、都内初のスマート遊技機専門店『スマートプレゴ池袋』が4月5日にグランドオープンを果たしたことは周知の通り。まずは「北斗の拳」40台を含む68台のスマスロ専門店として始動していた。

4月17日にはオープン第2弾として「ゴブリンスレイヤー」と「ヴァルヴレイヴ」をそれぞれ30台ずつ導入。総設置台数を128台まで増加させている。なお、その内17台は5円スロットコーナーとなっており、「スマスロ北斗の拳」4台も低貸営業で遊技可能となっているため、興味のある方は是非確認してみて頂きたい。

そしてこの度、4月25日(火)にはグランドオープン第3弾も予定していて、いよいよスマパチの導入が始まるようだ。
-----------------------------
グランドオープンを締めくくる第3弾では、ついにスマパチが導入。
スマスロ・スマパチ総設置台数139台(スマート機専門店としては最大設置台数)となります。

また、より多くのユーザー様に新生プレゴの活気を楽しんでいただきたく、第3弾ではオンライン抽選を導入し、抽選人数の制限なくスムーズな入場が行えるよう準備しております。

引き続き第3弾も皆さんに楽しんでいただき、パチンコ・パチスロ業界を盛り上げていけるよう、スマートプレゴ池袋は今後も挑戦を続けていきます。

[4月25日(火)導入機種]
e必殺仕置人 11台
-----------------------------

文字通りのスマート遊技機専門店として、パチンコ激戦区の池袋駅周辺でも大きな注目を集めることだろう。『スマートプレゴ池袋』の更なる挑戦に期待したい。


コメント:1件 コメントを書く

  1. 浦和のガーデンもそうだけどしょせん中小チェーンのプレゴ。
    どこまで続くかな?

    0
    0

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」