×

京都府遊協通常総会、白川理事長が再選10期目

京都府遊技業協同組合(京遊協)は5月31日、京都市上京区の京都ブライトンホテルにて第59期通常総会を開催した。

冒頭、挨拶に立った白川鐘一理事長は、「スマート遊技機の導入が始まったが昨年度は営業店舗数・遊技機台数の減少に歯止めがかからない状況であり、遊技参加人口も減少の一途をたどる厳しい状態。今後も業界を取り巻く環境はますますその厳しさを増していくと思われるが、困難な経営状態が続くなか、皆が利己的になり、連携・団結が薄れてしまうことを危惧している。本総会を契機に、さらに一致団結してこの難局に立ち向かい、依存症対策、法令遵守等に組織一丸になって取り組むとともに、社会貢献活動などの社会的責任をしっかりと果たしていけば、必ずや業界の未来は開けると確信している」と述べ、組合運営に対する理解と協力を呼び掛けた。

議事では7議案を審議し、全て原案通り承認した。任期満了に伴う役員改選では白川理事長が再選。10期目となった白川理事長は就任の挨拶で「これからの1期は次の世代に繋ぐために尽力する」と意気込みを述べた。

来賓祝辞では、京都府警本部生活安全部の仲川徹部長が、「コロナ禍による規制が徐々に緩和され、これから人の動きや社会の経済活動が活発になってくる。多くの人々が安全で、そして安心して娯楽を楽しめるようになることを願うとともに、皆様におかれては営業の健全化や依存症対策をより一層、推進することを期待している」と述べた。


コメント:3件 コメントを書く

  1. ぱちんこ、パチスロは犯罪の動機を生み出す温床です。

    2
    1
  2. 大天龍

    0
    0

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」