×

マルハンの韓会長が紺綬褒章を受章、創業の地・京丹後市にふるさと納税で寄付

パチンコホール企業大手のマルハン(本社・京都、東京)は19日、韓昌祐代表取締役会長が紺綬褒章を受章したと発表。受章に伴い5月10日にマルハン京都本社にて紺綬褒章伝達が行われ、京丹後市の中山泰市長より韓会長に褒状が手渡された。

韓会長は、マルハンの創業の地である京丹後市に地域振興と人材育成を願い、ふるさと納税で寄付を行った。寄付金は、「京丹後市韓哲・まちづくり夢基金」として、京丹後市の教育、文化、芸術、スポーツの振興、地域経済活性化のための新産業の興隆、その他のまちづくりにつながる人材育成、顕彰等を目的として使用される。

紺綬褒章は、公益のために私財を寄付し、功績が顕著な個人または法人・団体に対し、日本国政府より授与されるもの。韓会長は、昭和47年6月、平成28年3月に続き、3度目の紺綬褒章の受章となる。


コメント:20件 コメントを書く

  1. 遠隔操作して客からむしり取った金で勲章とは いかがなものか理解できないです??パチンコは日本国内から全滅して下さい!!糞以下の第三国人だわ!!

    34
    8
  2. 3点方式でカモフラージュし合法といえないグレーなパチンコ業界で得た利益もグレー。その納税もグレー。グレー、不正だらけだ。ふるさと納税も評価されない

    32
    7

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」