×

MIRAIが定例理事会後に会見、金光代表理事「日本を楽しく変えていくハブ」に

一般社団法人MIRAIぱちんこ産業連盟(MIRAI)は21日、東京都台東区の上野オーラムにおいて定例理事会後の記者会見を開催した。

会見には金光淳用代表理事ならびに佐藤公治副代表理事が出席。金光代表理事は「業界の外の利害関係者とのネットワークを作って、日本を楽しく変えていくハブとしての役割を担っていきたい。風営法の中ではゲーム業界があり、遊技機などの特許や知的財産権を持つ分野とも繋がりがある。エンターテインメント関係では、マンガやアニメとも関連が深い。パチンコ業界を活性化するだけではなく、日本の産業を活発化させる一つとしてパチンコ業界が積極的に取組みを打ち出していけるよう努めたい」と述べた。

佐藤副代表理事は、広告宣伝ガイドラインについて夏頃を目途に改訂版を発出すると説明。Q&Aが発行されてからも違反が疑われる事例の通報もあり、是正勧告を行うかなどの判断を協議している段階と報告した。

今年10月に開催を予定しているオープンキャンパスについては、「MIRAI設立3周年記念の開催であり、タイムリーなテーマを提供していきたい。見逃し配信についても鋭意対応を考えている」と説明。また、事業としての展開を見据え、有料コンテンツも検討しているとした。


コメント:1件 コメントを書く

  1. 日本の産業を活発化させる一つとしてパチンコ業界が積極的に取組みを打ち出していけるよう努めたい」と。なんでパチンコ業界なんだよ。日本の産業活性化は脱パチンコあるのみ。パチンコは不要です。韓国朝鮮でやってくれ

    5
    0

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」