×

「パチンコホール」の売上高は前月から横ばい、特定サービス産業動態統計2023年10月期

経済産業省大臣官房調査統計グループは15日、「特定サービス産業動態統計調査」の2023年10月分確報値を公表した。

10月期の売上高は前年同月比プラス3.7%の2269億3600万円。10月期は最多導入となったパチスロ新機種やスマパチ2機種が苦戦し、新機種が市場を盛り上げるにいたらず、売上高は繁忙期後に落ち込んだ9月期からほぼ横ばい。それでも、前年同月比でのプラスは16カ月連続となっている。

店舗数は同マイナス2.5%、遊技機の設置台数は同マイナス0.8%とそれぞれ減少。また、従業者数は正社員が同マイナス6.7%、その他従業者はプラス1.8%となった。

「パチンコホール」以外の「趣味・娯楽関連」の4業種では、「ボウリング場」「遊園地・テーマパーク」の売上高が前年同月比でプラスとなった。この2業種は利用者・入場者数がそれぞれ前年を上回った。一方、「ゴルフ場」が5カ月ぶりに売上高が前年同月を下回ったほか、「ゴルフ練習場」は12カ月連続で前年同月比マイナスとなっている。

▼特定サービス産業「パチンコホール」の売上高、設置台数、従業員数および事業所数


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, ホール
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」