×

大阪府遊連青年部会、恒例の「未来っ子カーニバル」に1892名が参加

大阪府遊技業組合連合会青年部会(大遊青)は17日、大阪府門真市の東和薬品RACTABドームにて「第37回未来っ子カーニバル」を開催した。

同イベントは、事情があって家族と一緒に過ごすことが出来ない子ども達に、クリスマスの楽しい1日を提供して、思い出づくりと子ども達の心身の健全な成長に寄与することを目的に昭和62年12月から継続している社会貢献事業。今年は35の児童福祉施設などから子ども達や引率者など1892人が参加し、スタンプラリーや各種遊具でのプレイ、アイススケート、トランポリン体験、大阪府警門真署の協力による白バイ展示など様々な遊びを楽しんだ。

オープニングでは、京都宇治シンクロナイズドスケーティングチームが演技を披露した後、サンタクロースに扮した玉城浩蔵実行委員長が「全力で遊んで、笑って帰りましょう」と開会宣言を行った。

記者会見で平川容志会長は「子供たちがまだかまだかと心待ちにしてくれている恒例行事になった」と続けることの大切さを語った。また、金森健鎰青年部会長は「子供たちには様々な遊び体験を通じて、想像力、協調性、チャレンジ精神を得るきっかけを掴んで欲しい」と話した。


コメント:1件 コメントを書く

  1. 客が負けたお金がこういう所で使われるのは有意義と思う。

    0
    0

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」