×

セントラルグループ、新入社員研修として高齢者宅の歳末大掃除のお手伝いを実施

高知県を中心とした中四国エリアでパチンコホールを店舗展開するセントラルグループ(本社・岡山県倉敷市)は22日、新入社員研修として高知市社会福祉協議会の協力のもと、独り暮らしの高齢者宅12箇所を訪問し、歳末大掃除の手伝いを行った。

昨年に続いて2回目の開催となった今回の活動には、2022年に入社した新入社員9名と同社本部の人材開発部5名が参加。普段手の届かない電球の取替や高所にあるガラス窓・換気扇の掃除、トイレや浴室など水回りの清掃、庭の草刈りを手伝った。なお、参加者は本年11月に認知症サポーター養成講座を受講し、事前に利用者とのコミュニケーションにおける基礎知識を学んだうえで活動に取り組んだ。

同社は「今後とも地域の方々との交流を大切に、自ら率先して地域貢献活動に取り組む人材を育成していくことで、地元・地域の皆様に笑顔になっていただけるような『喜びと感動あふれる地域社会づくり』のお手伝いをしていきたい」としている。


コメント:4件 コメントを書く

  1. 経営陣がやらずに新入社員にさせる所がかわいそう。◯された王将の社長みたいに、自ら会社の周りを毎朝掃除するのなら分かるが。

    4
    0
  2. 会社の体質や風土かな?こんな仕事は下っ端にさせるという。

    4
    0

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」