×

真城ホールディングス、「令和6年能登半島地震」への義援金として100万円を寄付

愛知、岐阜でパチンコホールを店舗展開する真城ホールディングス(本社・名古屋市東区)は、令和6年1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」による被災者の救済や被災地の復興に役立ててもらうため、義援金100万円を中日新聞社会事業団に寄託した。

同社は「今回の震災で被災された方々には、謹んでお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます」としている。


コメント:2件 コメントを書く

  1. 誰かさんが、寄付する金があったら出玉に還元したらと、発言しそう。

    2
    0
  2. サラリーマンなら、確定申告すれば寄附金控除で所得税から減税されるから、住宅ローンなどで全額戻ってきている人以外は寄付した方がいいよ。何十万か寄付しても実質的に2000円くらいの負担にしかならない。

    1
    0

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」