×

キスケ、地域の子ども食堂にクリスマスケーキを210個寄贈

愛媛県でパチンコホールを店舗展開するキスケ(本社・愛媛県松山市)のグループ会社である(株)呑吐樋(本社・愛媛県今治市)が運営する「シャトレーゼ今治駅前店」は12月23日、愛媛県今治市にある子ども食堂12施設に対し、クリスマスケーキ210個(ホールケーキ30個・カットケーキ180個)をプレゼントした。

今回の取り組みは、いまばり地域食堂連絡協議会の協力のもと、子どもたちがより楽しいクリスマスを過ごせるようサポートするもので、「シャトレーゼ今治駅前店」が掲げるミッションである「お菓子を通じて、地域に喜びを創り続ける」を具現化したもの。当日は、様々な理由で子ども食堂に訪れた子どもたちが、友達と笑顔でケーキを食べる姿を見ることができたという。

キスケグループでは、「引き続き地域社会への貢献の一環として、子どもたちの笑顔を『創る』『守る』活動に尽力してまいります」としている。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」