×

MIRAI、石川県七尾市で復興支援ボランティア実施へ

MIRAIぱちんこ産業連盟(MIRAI)は17日、東京都台東区のオーラムにおいて1月度定時理事会を開催し、理事会終了後に記者会見を開いた。

令和6年能登半島地震における会員企業の被害状況、被災地への支援等について報告。8企業が被災し、1店舗は復旧に時間がかかったものの、現在は全てのホールが営業を再開している。災害復興支援ボランティアについては、石川県七尾市において実施を検討しており、「地域の状況を見極めながら、今回も被災地に寄り添って対応をしていく」とした。また、パチンコ・パチスロ産業21世紀会は業界が連携して義援金1000万円を寄付する協議をまとめ、MIRAIもこれに協力する。

広告宣伝に関しては「法令違反等と疑われる広告宣伝を行った店舗の情報提供窓口」に昨年末時点で607件の通報があり、このうち298件に是正勧告を行ったことが報告された。「ステルスマーケティング」に関する通報が多いといい、業界としての自浄作用を発揮すべく、協議を進め、実効性ある対応をしていくとした。

また、Z世代のぱちんこ感をホール経営者として感受することを目的として2月21日に経営勉強会「Z世代のぱちんこリアルディスカッション」を開催すると発表。パチンコ経営企業の内定者、パチンコをしたことがない、ホール企業に従事している若手社員などを招き、「私にとって遊ぶこと、働くこと」と題したディスカッションを通じて知見を積む。

このほか理事会では新規入会4社(正会員1社、賛助会員3社)を承認し、正会員60社、ホール数1173店舗、賛助会員95社となった。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」