×

平和とホール企業グループ6社が共同開発したパチンコPB機が2月19日より導入開始に

パチンコホール企業大手のダイナム(本社・東京都荒川区)はこのほど、平和とホール企業にて共同開発したパチンコ遊技機「PAルパン三世 THE FIRST ~不二子89ver.~」を2024年2月19日よりダイナムジャパンホールディングスグループおよび、アンダーツリーグループ、合田観光商事、ニラク、延田エンタープライズ、マルハンの店舗へ導入すると発表した。なお、導入台数は各社合計で約1000台を予定している。

本機は、平和とホール企業グループ6社が企画立案やスペック設計などを共同で手掛けたプライベートブランド機。ホール企業ならではの視点で顧客ニーズを反映した遊技機となっているといい、遊びやすい大当り確率、遊タイム、PB機専用の上部パネルデザインが特長となっている。

大当り確率1/89.8(設定①)~1/83.3(設定⑥)の時短突破型V-STタイプで、初当りは主に4R通常となり、消化後には40回の時短に突入。そこで大当りを引くことができればSTに突入する。右打ち中は大当りの25%が800個獲得の10R。

同社は、「パチンコを『誰もが気軽に楽しめる日常の娯楽』としてご提供することを目的に、今後も顧客視点に立った製品開発・提供を実施していく」としている。

■基本スペック
タイプ/V-Sタイプ(6段階設定付き)
大当り確率/1/89.8(設定①)~1/83.3(設定⑥)
賞球数/1&2&5&8
カウント数/10カウント
確変(ST)突入率/0.5%→100%(60回)
遊タイム/164開店後に316回の時短

©モンキー・パンチ/2019映画「ルパン三世」製作委員会


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」