×

機構の立入検査、第3四半期までの検査店舗数は998店舗で計画を下回るペース

遊技産業健全化推進機構(機構)は22日、検査部が実施した2023年度第3四半期(2023年10月1日~12月31日)の立入検査店舗数および検査台数を発表した。

それによると期間内の立入検査店舗数は25都府県方面317店舗(うち計数機検査63店舗)で、検査遊技機数は1920台(パチンコ962台、パチスロ958台)、検査計数機は63台(玉49台、メダル14台)となった。前年度の同四半期に比べ、検査店舗数が約64.0%(昨年度495店舗)、検査遊技機数が約58.3%(昨年度3292台)、検査計数機数が約87.5%(昨年度72台)とそれぞれ大幅に減少している。

本年度第3四半期までの検査店舗数は998店舗。本年度の目標店舗数は1600店舗(依存防止対策調査を除く)で、現時点においては計画を下回るペースとなっている。また、依存防止対策調査は本年度第3四半期で302店舗実施した。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」