×

パチンコ・パチスロ産業の13団体が新年賀詞交歓会を開催

パチンコ・パチスロ産業に関わる13団体は1月30日、東京都港区の第一ホテル東京において令和6年賀詞交歓会を開催した。

13団体を代表して挨拶に立った全日遊連の阿部恭久理事長は、「能登半島地震によってお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます」と述べ、パチンコ・パチスロ産業21世紀会として石川県に対して1000万円の支援を行う旨を発表した。続けて、「遊技産業においてコロナ禍の影響は強く、この3年間で全国のホール数は大幅に減少しており、この間にパチンコ・パチスロから足が遠のいてしまったファンの回復にはいまだ至っていない。現在はモバイル端末の普及により、自宅で余暇を過ごす人も多くなっている。私たちはネット空間では味わえない、実店舗に足を運ぶことで遊ぶというパチンコ・パチスロの持つ魅力を最大限に活かし、お客様にホールに来ていただけるよう癒しと楽しみの空間を提供していかなければならない」と述べた。

来賓挨拶に立った遊技産業議員連盟の田中和徳会長は、業界団体の各種社会貢献活動について謝意を述べ、風俗営業法の観点から遊技業のあり方について色々と考えていかねばならないとした。また、警察庁生活安全局保安課の松下和彦課長は、業界団体が厳しい中でも健全化に向けた各種取り組みをすすめ、各種社会貢献活動を実施していることに敬意を表し、「これからもいい形でコミュニケーションを取りながら様々な施策を進めていきたい」とした。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」