×

「緋弾のアリア」では6万発獲得の台も、3月4日よりパチンコの新機能「ラッキートリガー」搭載機が稼働開始に

パチンコ新時代の到来となるか

3月4日よりパチンコの新機能「ラッキートリガー」を搭載した新台の導入が開始されている。

導入が始まったのは「PLT OVERLORD魔導王光臨」(サンセイR&D)、「P緋弾のアリア ~緋緋神降臨~ ラッキートリガーVer.」(藤商事)、「P真・座頭市物語」(ニューギン)、「P北斗の拳 強敵 LT」(サミー)、「P世紀末・天才バカボン~福神SPEC~」(ディ・ライト)、「Pこの素晴らしい世界に祝福を!199LT『このラッキートリガーに祝福を!』」(豊丸)、「ぱちんこGI優駿倶楽部2 ラッキートリガーver」(コナミアミューズメント)の計7機種。

4日16時頃にパチンコホールが密集する大阪市北区の梅田周辺エリアを視察したところ、オープン日の関係もあってかラッキートリガー搭載機を導入していたのは12店舗中7店舗。店舗によっては一部空き台も見られたが、おおむね稼働は上々。出玉状況は「OVERLORD」「アリア」「座頭市」で当日の最大獲得出玉が3万発ほどの台が散見し、最大出玉は「アリア」の5.8万発。一撃で出たものかは確認できなかったものの、十分な出玉性能と言えるだろう。一方、ライトタイプの「北斗」や「バカボン」では数千発程度の出玉となっていた。

『マルハン梅田店』や『DAITOYO Prime』では「出玉期待値の上限が従来機の1.5倍!」という分かりやすいフレーズで、ラッキートリガーの出玉性能をアピールしていた。また、ラッキートリガー搭載機がどこに設置されているのか一目でわかるよう、台上に専用のPOPを掲示するなど、店舗側のラッキートリガーの出玉感を体験してもらいたいという思いが伝わってきたものだ。

各メーカーは引き続きラッキートリガー搭載機のリリースを行っていて、京楽からは業界初となるスマパチでのラッキートリガー搭載機がリリース予定となっており、今後様々なタイプの機種が出てくることだろう。

これから続々とホール導入が進んでいく中で、どのような市場評価となるのか。また、低迷するパチンコが浮上するきっかけとなるのか。ラッキートリガーの動向には引き続き注目しておきたい。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, ホール
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」