×

富山県遊協、令和6年能登半島地震の被災地へ義援金を寄託

富山県遊技業協同組合(富山県遊協)は3月29日、県内のパチンコホールで行ったキャンペーン収益の一部である7万1000円を富山新聞社義援金窓口へ寄託した。

富山県遊協では、「令和6年能登半島地震」による被災地の復興を応援するため、2月15日から3月25日までの間、県内のパチンコホール(51店舗)において「2024年がんばろう北陸」を富山ヤクルト販売㈱と協同展開していた。義援金は期間中に販売したヤクルト商品の販売利益の一部。

今回寄託した義援金は、富山県を介して県内の被災地に配分される。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2024 パチンコ・パチスロ業界のニュースサイト「パチンコ・パチスロ情報島」