×

【閉店】ZERO FIGHTER堺本店(2021年9月30日閉店・大阪府)

大阪府堺市の『ZERO FIGHTER堺本店』(運営・岩商グループ)が9月30日の営業をもって閉店した。

同店は『シャトル堺店』からスタートし、41年間にわたって地域に娯楽を提供してきた。遊技機設置台数は480台で、4円パチンコ138台、1円パチンコ103台、0.2円パチンコ24台、20円パチスロ179台、10円パチスロ36台という設置構成。

岩商グループは、大阪府堺市に本社を置くホール企業。経営店舗は主に「ZERO FIGHTER」の屋号を冠しており計4店舗を運営。1店舗当たりの平均設置台数は407台と中規模ホールが中心だ。総設置台数593台の『コピス&ベルジェ』(大阪府門真市)がグループ最大規模となっている。

2019年9月に『ZERO FIGHTER九条店』を居抜きオープンして以来、大きな動きはなかったが、コロナ禍以降、『ZERO FIGHTER 泉北店』(305台)、『ZERO FIGHTER NEO』(パチスロ専門店、100台)を閉店している。

店舗 ZERO FIGHTER堺本店
閉店日 2021年9月30日
住所 大阪府堺市北区黒土町2250-1
備考

まとめ情報

パチンコ店の閉店・休業まとめ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

これは、4号機時代から打ち続け、大人になってからの大半を、パチスロの収入で生活してきた生粋のヘビーユ ...

3

三洋物産は3日、同社のスマートパチンコ(スマパチ)第1弾となるパチンコ新機種「e聖闘士星矢 超流星C ...

-パチンコホール情報, 大阪府, 閉店・休業情報, 近畿エリア
-

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島