×

イクティスグループが『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅱ』をグランドオープン

『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅱ』

九州および関西エリアを中心にパチンコホールをチェーン展開するイクティスグループ(本社・福岡市中央区)の18店舗目となる新店『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅱ』が11月11日にグランドオープンした。

敷地内に建てられた低貸専門の別館

新店は湾岸沿いを走る国道250号線沿いに立地する既存店舗『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅰ』の敷地内に建てられた低貸専門の別館であり、設置台数は1円パチンコ160台、6.02円パチスロ126台の計286台。台間は広く、全台に各台計数機、USBポートを設置するなど、低貸専門店としてはかなり充実した遊技環境と言えるだろう。

ただ、グランドオープンというよりも、実質的には『姫路白浜Ⅰ』の増床というイメージが強く、実際、両店の店舗ホームページでは「総台数1046台」「新たな旗艦店」などと謳っている。なお、『姫路白浜Ⅰ』においては貸し玉比率変更のリニューアルを敢行。1円パチンコ40台を4円に、5円パチスロ40台を21.74円にそれぞれ変更し、通常貸し比率を高めている。

『ヴィーナスギャラリー姫路Ⅰ』

『マルハン姫路野里店』が定量制コーナーを実施

ちなみに競合店舗となる『マルハン姫路野里店』では、1島40台を定量制コーナー(3000個)として運営。「トキオ」シリーズなどの羽根タイプに加えて、半分以上が「ちょいパチ」という機種構成だ。

同コーナーに配置されていた女性スタッフに「定量制」とは何か尋ねてみたところ、「3000個出たら出玉交換になります」と、なんともシンプルな返答が返ってきた。詳しくないスタッフを配置している時点で、あまり力を入れていないのかと思ってしまったが、調査時(15時頃)は打ち止め台が数台あり、客付きも3分の1程度とまずまずの賑わいを見せており、地域のユーザーからは一定の支持を得ているようだ。

『マルハン姫路野里店』

遊技料金のバリエーションが多いエリア

また、同エリアの調査を通じて、通常貸玉・メダルにおける遊技料金のバリエーションの多さが目についた。大抵は外税対応しているかどうかの2種類だが、同エリアにおいては(低貸専門店を除いた)7店舗のうちパチンコは「4円」「4.08円」「4.17円」の3種類、パチスロについては「20.41円」、「20.83円」、「21.28円」、「21.74円」の4種類が存在。パチンコは「4.08円」が5店舗で最多、パチスロは他エリアではあまり見かけない「20.41円(1000円49枚)」が4店舗で最多となっている。

『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅰ』『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅱ』は、これからどのような戦略で盛り上げていくのか、引き続きウォッチしておきたい。

『ヴィーナスギャラリー姫路白浜Ⅱ』視察動画


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:149件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

東京都を中心にパチンコホールを店舗展開する日拓グループ(本社・東京都渋谷区)は、7月1日より予定され ...

3

大一商会は27日、同社Youtubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pうしおととら~超獣SPEC~ ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 兵庫県, 近畿エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島