×

グランドオープンレポート パチンコホール情報 関東エリア 神奈川県

『ARROW平塚店』が12月10日にグランドオープン、関東2店舗目となるパチンコホールは当然のように満席スタート

2021年12月10日(金)の12時に、大型パチンコホールである『ARROW平塚店』がグランドオープンしている。運営企業の「平川商事グループ」は大阪府を中心に店舗展開する有力チェーンだ。経営店舗は主に「ARROW」の屋号を冠しており計21店舗を運営してきた。集客力に秀でていることでも知られており、文字通り大阪を代表するチェーン企業の一つと評せるだろう。

2012年には東京都大田区に『ARROW池上店』を新規出店し、関東圏へ初進出を果たしていた。ちなみに同店もオープン以降は常に高稼働を誇ってきた優良ホールである。故に、その後は関東エリアでの出店ペースが加速するかに思われたものの、しばらく大きな動きは見られなかった。

そんな中で、本年3月頃に『ガイア平塚店』を傘下に収めることが公告されて、少なからず驚かされたものである。実に9年ぶりとなる関東2店舗目だ。その後はしばらく同屋号のまま営業が続けられていたが、9月21日に一旦休業。入念な改装準備期間を設けた上で、満を持してのグランドオープンと相成っている。

【関連記事】アローエンターテイメント、『ガイア平塚店』(神奈川県)をグループ化

国道129号線沿いに位置するロードサイド型店舗として、視認性や店舗認知期待度は抜群に見えた。コーポレートカラーである赤と黒をあしらった外観は非常に目を引くことだろう。また、近隣には団地群もあって足元人口のボリュームも十分。総じて立地環境は良好といえそうだ。

オープン当日に視察すると、当然のように満席スタート。低貸コーナーも含めて空き台はほぼ見当たらなかった。まずは順調なスタートを切ったと評してよいだろう。なお、遊技機の総設置台数は前店から変わらず。2階層の構成となっていて1階フロアがパチンコ420台(内99台が1円パチンコ)、2階がパチスロ325台(内34台が5円パチスロ)で、計745台の大型ホールだ。

遊技台周辺には最新設備を取り揃えており、遊技環境は正に申し分ないといったところ。また、「全台に各台計数機を設置」「2階フロアは加熱式たばこ可」といった近年のトレンドも取り入れていた。来年1月末に設置期限を迎える旧規則機については、「北斗無双(9台)」「慶次漆黒(10台)」や「マイジャグラーⅢ(21台)」などが見られたものの、もちろん新規則機中心の構成である。

同じく国道129号線沿いに店舗を構えている『マルハン平塚店』(550台)を始めとして、競合店舗は少なくないエリアだ。それでも同社の営業力をもってすれば、高集客ホールとして定着する可能性は高いはず。是非とも市場全体を盛り上げていただきたいものである。

『ARROW平塚店』視察動画

コメント (15)

編集部ピックアップ

1

1月6日の秋葉原の様子。大雪の影響で人出は少なかった 昨年12月末に導入された「P新世紀エヴァンゲリ ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 関東エリア, 神奈川県
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島