×

熊本県荒尾市のパチスロ専門店『つかさ荒尾店』が12月26日に閉店

熊本県荒尾市の『つかさ荒尾店』(運営・司観光開発グループ)が12月26日の営業をもって閉店する。

県道126号大牟田荒尾線沿いに立地する設置台数307台のパチスロ専門店で、元々はパチンコ・パチスロ併設店として営業していたところ、2019年12月に3カ月間の改装休業を経て、司観光開発グループ初のパチスロ専門店としてグランドリニューアルオープンを果たしていた。

司観光開発グループ(本社・熊本県玉名市)は、熊本県を中心にパチンコホールを店舗展開するチェーン企業。経営店舗は全て「つかさ」の屋号を冠しており計15店舗を運営。1店舗あたりの平均設置台数は約690台と中規模以上のホールが中心の店舗構成となっていて、1000台を超える巨艦ホールも3軒運営している。同社最大規模を誇る『つかさ月隈店』(1066台)や『つかさ菊陽店』(1021台)などが旗艦店舗と評せるだろう。

2016年には『つかさ神埼店』を居抜き出店して佐賀県へ初進出。それ以降は新規出店等の大きな動きはみられないものの、コロナ禍においても閉店・売却店舗はなく、非常に安定感の強い企業グループという印象である。

なお同日には、荒尾市内にある『つかさ野原店』についても閉店することが告知されている。今後、スリム化に舵を切っていくのか同社の動向には注視しておきたい。

店舗 つかさ荒尾店
閉店日 2021年12月26日
住所 熊本県荒尾市大字宮内出目329-3
備考

 

まとめ情報

パチンコ店の閉店・休業まとめ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:7件 コメントを書く

  1. だいたい、パチンコ店に行く奴がバカ❗
    お金がもったいない。
    その金を何とか増やそうと、思うのは分かるが
    人生そんなに甘くない❗
    地道に、コツコツ、普通に過ごせば、お金は少な
    からず貯まるはず。
    まず、違う趣味を見つけよう‼️そこからですよ。

    26
    61
  2. まぁパワスロの二の舞になるってわかってたけどね!大牟田店は論外、頭を下げんわ景品を片手で渡したりでつかさグループの恥だ思う。
    教育体制がそうだと、グループ全体の本質が問われることだと思うし、そこがマル店との違いなんだろうね。
    つかさは、こっちが頭を下げんと勝てんわ!

    18
    5

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコホール情報, 閉店・休業情報, 熊本県, 九州・沖縄エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島