×

【パチンコM&A】コンチェルトが『ミリオン成増7号店』をグループ化、2022年春オープンへ

東京都を中心にパチンコ店「コンサートホール」を店舗展開するコンチェルト(本社・東京都豊島区)が、吸収分割により東京都板橋区の『ミリオン成増7号店』(運営・ミリオンインターナショナル)の運営事業に関する権利義務を承継することが24日付け官報に公告された。

『ミリオン成増7号店』は東武東上線・成増駅前に立地する遊技機設置台数307台(パチンコ142台、パチスロ165台)の小規模店。店舗ホームページではすでに2022年1月6日より休業し、2022年春に「コンサートホール」の新店としてグランドオープン予定であることが告知されている。

成増駅周辺には6軒のパチンコ店が営業中。このうち2店舗がコンチェルトグループの『コンサートホール成増スロット館』と『コンサートホール成増パチンコ館』、3店舗が三栄グループ(本社・東京都板橋区)の『成増会館』『エクサ』『成増会館Ⅲ』の3店舗となっている。今後はコンチェルトグループと三栄グループの一騎打ちとなる様相だ。

購入企業 株式会社コンチェルト
公示日 2021年12月24日
購入店舗 ミリオン成増7号店
住所 東京都板橋区成増2-17-22
備考

まとめ情報

パチンコ店のM&Aまとめ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. 昭和なら駅前の一等地で次から次へとお客さんを電車が運んで来たかも知れないけど……今や駅前のパチ屋は駐車場が少なく家賃も高く遊技台間のスペースが狭くて打ちづらく、故に大盤振る舞いの営業もままならず…ソレをお客さんに見透かされてるから客入りが悪く大手すら撤退してるからスロットが低迷してる今!!幾らリニューアルしても無駄だと思うよ…
    来年の夏頃に出るであろう新しいスロットがコケたら業界は本当に終わる可能性すら有るよ…

    8
    1
  2. 学生時代ここのモーニング狙いで成増に引越した

    1
    1

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-M&A情報, パチンコホール情報, 東京都, 関東エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島