×

グランドオープンレポート パチンコホール情報 奈良県 近畿エリア

『ジェイピー333』が年末にグランドオープン、愛知県にてパチンコホールを展開するジェーパークグループが奈良県へ初進出を果たす

パチンコホール『ジェーピー333王寺駅前店』が2021年12月29日にグランドオープンを果たした。同店は、奈良県北葛城郡のJR「王寺駅」前に店舗を構える駅前立地型ホールである。商業ビル「リーベル王寺西館」の地下1階で営業していた『PAO王寺駅前店』跡地での居抜き出店だ。

なお、運営企業は株式会社パオ王寺となっているようだが、ホームページなどにはYouTube「じぇーぴーちゃんねる」の告知も見られることから、愛知県にて『ジェーピー888』等を運営しているジェーパークグループの系列ホールと称してよいだろう。県外初進出の地に奈良県を選んだことは、なかなかに興味深い動きである。

最寄り駅となる王寺駅は、奈良県では有数のターミナル駅という位置付け。近年では周辺の開発も進んでおり、吸引力も比較的高めである。そんな中で、駅周辺のパチンコホールは同店のみであり、競争環境に恵まれている点は大きな強みといえそうだ。

エスカレーターで地下へ降りていくと、まずパチンコフロアが広がっている。4円パチンコ148台・1円パチンコ97台という構成。そして一旦通路に出た先にはパチスロフロアがあって、1000円46枚パチスロが69台設置されている。総設置台数は314台と控え目であり、地域密着型の営業スタイルとなることだろう。

グランドオープンから3日目となる大晦日に視察した際には、パチスロを中心にまずまずの客付きを見せていた。ちなみに当日は非常に風が強く寒さが厳しかったものの、店内には薄着で頑張るコンパニオンの姿も散見するなどグランドオープンらしい熱気も感じられたものだ。

「パチスロうまい棒」が大量導入されているなど、機種構成にも個性がうかがえる同店。大和路快速に乗れば「大阪駅」からも35分ほどの距離であり、近隣にお住まいの方は是非一度訪れてみては如何だろうか。

『ジェーピー333王寺駅前店』の外観動画

コメント (0)

編集部ピックアップ

1

1月6日の秋葉原の様子。大雪の影響で人出は少なかった 昨年12月末に導入された「P新世紀エヴァンゲリ ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 奈良県, 近畿エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島