×

【パチンコM&A】日光商事グループ、岡山県のパチンコ店『ブルーノオメガ』・『ノースオメガ』をグループ化

日光商事グループの島本商事(本社・愛媛県新居浜市)が、吸収分割により岡山県真庭市のパチンコ店『ブルーノオメガ』(運営・ジェージェー企画)および岡山県津山市のパチンコ店『ノースオメガ』(運営・グランドカミーノ)の運営事業に関する権利義務を承継することが2021年12月27日付け官報に公告された。

日光商事グループは、四国・中国地方を中心にパチンコホールを店舗展開する中堅チェーン。経営店舗は全て「nikko」の屋号を冠しており、岡山県(5店舗)、愛媛県(4店舗)、香川県(2店舗)、徳島県(1店舗)、大分県(1店舗)で計13店舗を運営する。1店舗あたりの平均設置台数は950台となり、大型店舗中心の構成。1000台を超える巨艦ホールも7軒運営していて、ハード面の優位性が非常に大きい点も同グループの強みといえるだろう。

2021年12月22日には『nikko高松中央店』の大規模リニューアルを行ったばかり。遊技機総設置台数を610台増台(1196台→1806台)し、グループ最大規模の基幹店舗となっている。

なお、ジェージェー企画とグランドカミーノは同グループであり、2店舗を売却することにより運営パチンコ店はなくなることになる。

購入企業 島本商事株式会社
公示日 2021年12月27日
購入店舗 ブルーノオメガ、ノースオメガ
住所 岡山県真庭市台金屋29-1、岡山県津山市野介代39-1
備考

まとめ情報

パチンコ店のM&Aまとめ


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:149件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『グランキコーナ泉佐野店』 昨年、大阪府下においてグランドオープンしたパチンコホールの中で最も注目を ...

2

東京都を中心にパチンコホールを店舗展開する日拓グループ(本社・東京都渋谷区)は、7月1日より予定され ...

3

広島県公安委員会は6月30日、検定遊技機に関する告示を公開。パチンコ3型式、パチスロ2型式が通過した ...

-M&A情報, パチンコホール情報, 岡山県, 中国・四国エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島