×

M&A情報 パチンコホール情報 岡山県 中国・四国エリア

【パチンコM&A】日光商事グループ、岡山県のパチンコ店『ブルーノオメガ』・『ノースオメガ』をグループ化

日光商事グループの島本商事(本社・愛媛県新居浜市)が、吸収分割により岡山県真庭市のパチンコ店『ブルーノオメガ』(運営・ジェージェー企画)および岡山県津山市のパチンコ店『ノースオメガ』(運営・グランドカミーノ)の運営事業に関する権利義務を承継することが2021年12月27日付け官報に公告された。

日光商事グループは、四国・中国地方を中心にパチンコホールを店舗展開する中堅チェーン。経営店舗は全て「nikko」の屋号を冠しており、岡山県(5店舗)、愛媛県(4店舗)、香川県(2店舗)、徳島県(1店舗)、大分県(1店舗)で計13店舗を運営する。1店舗あたりの平均設置台数は950台となり、大型店舗中心の構成。1000台を超える巨艦ホールも7軒運営していて、ハード面の優位性が非常に大きい点も同グループの強みといえるだろう。

2021年12月22日には『nikko高松中央店』の大規模リニューアルを行ったばかり。遊技機総設置台数を610台増台(1196台→1806台)し、グループ最大規模の基幹店舗となっている。

なお、ジェージェー企画とグランドカミーノは同グループであり、2店舗を売却することにより運営パチンコ店はなくなることになる。

購入企業島本商事株式会社
公示日2021年12月27日
購入店舗ブルーノオメガ、ノースオメガ
住所岡山県真庭市台金屋29-1、岡山県津山市野介代39-1
備考

まとめ情報

パチンコ店のM&Aまとめ

コメント (0)

-M&A情報, パチンコホール情報, 岡山県, 中国・四国エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島