×

店舗イメージを一新し、地域一番店に対抗 和歌山県田辺市にパチンコ店『ミュージアム21バイパス店』が昨年末にグランドオープン

和歌山県にパチンコ店をチェーン展開する21世紀ホールディングス(本社・和歌山県田辺市)は昨年12月28日、和歌山県田辺市に『ミュージアム21バイパス店』をグランドオープンさせた。

同店は、2020年12月に『FUJI』をグループ化し、屋号を変えずに営業していた店舗で、昨年末のタイミングで内外装のフルリニューアルと屋号変更を行った。近隣には、グループ店の『ミュージアム21』、『ミュージアム スロット館』が営業しており、ドミナント展開を図っている。

原色を多用して明るいイメージの店舗に一新

田辺市は、和歌山県南部における経済、産業の中心地としての役割を持ち、県内では第2の人口数を擁している。紀南方面の中心都市で人口は約7万人。同店は、田辺市の中心部を縦断する田辺バイパス沿いに位置。道路は中央分離帯のある大型道路のため、反対車線からの来店はできない等、不利な立地環境を持つ。

店舗外観は、白をベースにオレンジで店名が描かれており、シンプルながら視認性の良いデザインを採用した。壁面には、三角形の鉄材が使用され、左側面から「ミュージアム」、右側面から「MUSEUM」と見えるよう遊び心も加えられている。店内環境は、設備面にあまり手が加えられなかった反面、壁面や通路絨毯等を店舗外観と同じ原色を多用したデザインに統一。そのため、前店舗の面影が全く無い、かなり明るい雰囲気の店舗へと変貌した。居抜き店舗としては、うまくイメージチェンジに成功した好例だと思われる。

『123田辺店』が増床リニューアルオープン

紀南エリアの1番店である『123田辺店』は昨年12月21日、4円パチンコ36台を増床するリニューアルを実施した。総台数は793台から829台へと拡大し、周辺エリアでは引き続き最大規模を誇る店舗となっている。リニューアル内容に関しては、カウンター側の壁島2列をパチンコ島へと改修。そこに、現在好調な「新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」を36台配置していた。調査時は満席となっており、賑わい、見栄えなど文句ない状況であった。

今回、『ミュージアム21バイパス店』のグランドオープンを前に、『123田辺店』はパチンコを増床して一番良い機械を配置するという先手を打った。対するミュージアムは、「3号店」という呼称でグループ力をアピールするが、なかなかうまくいっていない印象だった。『ミュージアム21』は和歌山県内でも有数の高稼働店舗だった過去を持つ。やり方次第では、まだまだ巻き返しは可能と思われるだけに、同グループの今後に期待したい。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:182件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

山佐ネクストは5日、同社公式YouTubeチャンネルにてパチスロ新機種「スーパーリオエース」のPVな ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 和歌山県, 近畿エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島