×

大分県大分市のパチンコ店『パーラーDSG高城店』が2月27日を以って閉店に、パチンコ事業から撤退か

大分県大分市の高城新町にて営業してきたパチンコホール『パーラーDSG高城店』が2022年2月27日を以って閉店している。

同店は「JR高城駅」から程近い場所に店舗を構えており、総設置台数412台の中規模ホールであった。半径3キロ圏内には『マルハン高城店』『フォーティ・サミット』『ワンダーランド大分皆春店』などの強豪ホールが多数林立しており、そうした競争環境面も閉鎖を選択した一因なのかもしれない。

なお、運営母体となる大鶴企興グループでは、経営ホールが既に同店のみだったようだ。今回の店舗閉鎖によりパチンコ事業から撤退することになるのかどうか。小規模事業者の苦境はまだまだ続きそうである。

店舗 パーラーDSG高城店
閉店日 2022年2月27日
住所 大分県大分市高城新町13-10
備考

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:178件)


コメント:19件 コメントを書く

  1. 環境がよくなるのでいいことだ。
    パチンコ店が多すぎる。少しでもギャンブル依存者が減ることを望む。

    86
    38
  2. 大分のパチンコ依存性は全国屈指!人口のわりに平日でも客が多すぎぐらいパチンコ大好き県民!

    48
    26

今、読まれています!

1

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

2

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

3

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

-パチンコホール情報, 大分県, 閉店・休業情報, 九州・沖縄エリア
-

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島