×

外観が特徴的だった東大阪市のパチンコ店『サンライズ本店』が1月23日に閉店、取り壊し作業が進む

営業していた頃の『サンライズ』(2019年10月撮影)

東大阪市『サンライズ本店』が閉店

関西エリアを中心に「ベニス」の屋号でパチンコ店をチェーン展開するベニス産業グループ(本社・京都市右京区)は、2022年1月23日に大阪府東大阪市で営業してきたパチンコ店『サンライズ本店』を閉店した。

サンライズ本店・閉店のお知らせ案内

同店は、大阪外環状線(国道170号線)沿い、新町交差点角に立地。ピラミッド状の独特な建物であったことから、パチンコ・パチスロをしない通りすがりの方でも、見覚えのある人は多かったと思われる。実際、地域の情報を発信するウェブサイトでは、「宇宙船みたいな建物」や「UFO」などと表現され、「もうすでに工事は始まっているようなので、この姿が見られるのもあとわずか」などと、伝えられている。

サンライズ本店の解体工事の様子

建設業の許可票を確認すると、2月1日より解体撤去工事がスタート。同店を訪れた3月10日の時点では、すでにパチンコ店本体の取り壊し作業は完了していた。

ベニス外環店の外観写真

道路を挟んですぐの場所には、総設置台数1012台の大型店舗『ベニス外環店』が営業している。

今後、解体跡地にどういった施設ができるのか、注目しておきたい。

店舗 サンライズ本店
閉店日 2022年1月23日
住所 大阪府東大阪市新町17-3
備考 ※2月1日から3月31日まで解体撤去工事

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:156件)


コメント:4件 コメントを書く

  1. 懐かしい
    故人の父がグランドオープン前に
    この場所で建物が完成前に従業員の
    面接をしていた

    14
    1
  2. 京都宇治にも京一って大型パチ屋が 同一敷地内に大型店舗2展開してたの思い出したけど これじゃ共食い? なので 旧い方を店じまいしたって話し何でしょうね。
    角地だから 何かしらの商業施設orマンションになるんでしょうね。

    5
    2

今、読まれています!

1

7月1日、兵庫県尼崎市のJR神戸線「立花駅」北側に『キコーナ立花北店』がグランドオープンした。 同地 ...

2

ツイッター等のSNSでの活動だけでなく、オリジナルグッズ販売やパチンコ台になったりと活動の幅が広がり ...

3

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(サミー) 連日の真夏日で外に出る気力が湧かない。しかし実際には節電に協 ...

-パチンコホール情報
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島