×

西日本最大級1フロア2000台!『123+N布施店』がグランドリニューアルオープン

関西エリアを中心にパチンコ店をチェーン展開する延田グループ(本社・大阪市中央区)は4月21日、大阪府東大阪市に『123+N布施店』をグランドリニューアルオープンさせた。

同店は、2月14日の営業を最後に大型改装休業に入ることを告知。休業中に同店を視察した際には、店舗壁面に「西日本最大級2000台」の垂れ幕が掲げられていた。

今回のオープンにあたっては、事前の告知通り総設置台数が1408台から2000台へと大幅に増台。これにより、同グループ最大規模の設置台数となっている。

設置台数の内訳は、パチンコ1408台(4円パチンコ1056台、1円パチンコ352台)、パチスロ592台(46枚パチスロ573台、182枚パチスロ19台)となり、1フロアの巨大なパチンコ店へと変貌を果たした。

店内および島設備などはすべてリニューアルされ、新たに増床されたフロアにパチスロを配置することで2000台の設置台数を確保している。

パチンコ、およびパチスロはすべて各台計数機を採用。床面はオール絨毯貼りとなり、以前の店舗に比べて高級感のある雰囲気作りに成功している。また。中央通路の島上部にデジタルサイネージを多数配置することで、視覚アピールにも抜かりのない状況であった。

その他、店内には喫煙ブースが多く配置されており、大型喫煙ブース内には26個の個室喫煙ブースが設けられるなど、喫煙者への配慮も見られた。

集客に関しては、12時開店から2時間が経過した段階で4円パチンコ、46枚パチスロ、182枚パチスロはほぼ満席、1円パチンコに若干の空席が見られた。また、同店の立地する近鉄布施駅前では、『マルハン布施店』のスタッフが「10周年」と記載されたポケットテッシュを配布。『123+N布施店』のオープンに合わせて、周辺競合店の動きが激しくなってきている。

店名:123+N布施店
住所:大阪府東大阪市長堂3丁目3−28
https://www.nobuta123.co.jp/news/123/2022/04/21/1295/


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:34件 コメントを書く

  1. 質の悪い人間が増えるから
    パチンコは日本から無くすべき

    46
    40
  2. 行ったけど、マジ糞だった。
    初日はめっちゃ良かったけど、今日は糞。

    30
    5

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 大阪府, 近畿エリア
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島