×

「ベニス」と「キコーナ」が火花を散らす、大阪府守口市のパチンコ激戦区で『ベニス守口店』が圧巻の稼働を見せる

大阪府守口市の「13号京都守口線」沿いには、2つの大手チェーンにおける旗艦店舗がぶつかり合うパチンコ激戦区がある。アンダーツリーグループの『キコーナ守口店』(960台)とベニス産業グループの『ベニス守口店』(1248台)だ。

この2店舗の競争が始まったのは2013年12月のこと。当時、圧倒的な高稼働で他店の追随を許さなかった『キコーナ守口店』。そこから1キロも離れていない場所に、完全新築ホールとして『ベニス守口店』がグランドオープンしたのだった。それ以来、この2店舗が同地区のパチンコ市場を牽引してきたと評してよいだろう。

改めて『ベニス守口店』を本年4月上旬に視察した際には、相変わらず高い客付きを見せていたものである。エリア最大級となる台数規模を活かした機種の品揃えは圧巻の一言。そして、広々とした空間でゆったりと遊技できる環境面が大きな武器となっていたのは間違いない。

ただし一点だけ残念に感じたのは「無料Wi- Fi」が無かったところだ。個人的には「USBチャージャー」の次に重視しているホール設備であり、(かなり充実した遊技環境を提供する同店だけに)疑問符が付かざるを得なかったもの。

そんな『ベニス守口店』が2022年4月29日にリニューアルオープンしている。店内外の装飾変更と合わせて、ホームページ上では「Free Wi- fiの新設」が大きくアピールされていた。これには素直に喜んだユーザーが沢山居ることだろう。地域一番店の座は更に盤石となるかもしれない。

それでも『キコーナ守口店』も黙ってはいないはず。「最重要旗艦店」と謳うほどの力の入れようで、そこには競合店舗に負けたくないという強い信念が感じられる。これからどのような施策で逆転を目指すのか。引き続きこの2店舗の動向から目が離せそうにない。

店舗 ベニス守口店
日程 2022年4月29日リニューアルオープン
住所 大阪府守口市佐太東町1丁目14番7号
検索 google店舗検索
URL https://www.p-world.co.jp/osaka/v-moriguchi.htm
備考 ※Free Wi- fiを新設

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:85件)


コメント:11件 コメントを書く

  1. 設備より出してほしい

    44
    1
  2. どちらも出せへんやん
    最悪店舗やぁ

    41
    2

今、読まれています!

1

『キコーナ吹田店』 近年のパチンコ業界において躍進を続けてきたアンダーツリーグループ(キコーナ)。全 ...

2

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

3

パチスロ6.5号機の第一陣として注目が集まる「Sキャッツ・アイ」(平和) 次の新台入替は6月6日から ...

-パチンコホール情報, 大阪府, リニューアルオープン, 近畿エリア
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島