×

岩手県一関市のパチスロ専門店『MAXBET一関』が5月8日を以って閉店に、近隣の『エスタディオ一関』も1月末に閉鎖済みだった

岩手県一関市にて営業してきた『MAXBET一関』が2022年5月8日の営業を以って閉店する。

同店は「一関IC」から少し離れた場所に店舗を構えており、総設置台数は210台のパチスロ専門店であった。半径1キロ圏内には『パーラーJ-遊』や『WINS一関』といった有力ホールも点在しているエリアである。

また、『MAXBET一関』と隣接する格好で営業してきた『エスタディオ一関』が本年1月30日に閉店済みであるなど、パチンコホールの淘汰が進んでいる市場といえるだろう。

運営母体における経営ホールは既に同店のみだったようで、このままパチンコ事業から撤退することになるのだろうか。

店舗 MAXBET一関
閉店日 2022年5月8日
住所 岩手県一関市赤荻字堺117
備考

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:80件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 旅打ちで両方のお店に行った事がある。
    エスタディオで マジハロ5で約6000枚出した。(パチンコ併設)
    MAXBETだと ちょい負け。(スロ専)。
    後で 知りましたが MAXの方は若者向けらしく客層若いが設定、リセ状況は厳しめだったけど台数は それなりだったのでエスタディオより楽しめた。
    両店舗とも至近距離だったのと イオンモール、一関IC至近だったので それほど集客に困らなかった筈。駅周辺からだと徒歩では無理な場所。4号線沿いのパチンコ屋のが若干 客付きは マシだった。

    0
    0

今、読まれています!

1

藤商事は24日、同社のYouTube公式チャンネルにおいて新機種「パチスロFAIRY TAIL2」の ...

2

『新!ガーデン春日部』 「遊楽ガーデン」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する有力チェーン ...

3

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

-パチンコホール情報, 岩手県, 閉店・休業情報, 北海道・東北エリア
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島