×

川崎市幸区のパチンコ店『三益球殿川崎塚越店』がHASUNUMAグループの傘下に入る

神奈川県川崎市の幸区にて営業中のパチンコホール『三益球殿川崎塚越店』は、JR南武線「矢向駅」と「鹿島田駅」の中間辺りに位置している。パチンコ機139台・パチスロ機115台(合計254台)の小規模店だ。

そんな同店が事業承継されて、株式会社HASUNUMAの傘下に入ったことが7月5日付の官報に公告されていた。HASUNUMAグループは群馬県に本拠を構えており、昨年7月には群馬県前橋市の『じゃらん634Ⅱ』をM&Aにより取得するなど、徐々にその勢力を拡大中。『三益球殿川崎塚越店』をグループ化したことで、経営ホールは4軒となっている。

なお、代表の蓮沼氏は「パチ界の破天荒ロビンマスク」というツイッターアカウントでも知られた方で、コンサルから実際のホール経営まで行っているようだ。小規模ホールの閉鎖が相次ぐ中で、こうした姿勢をみせる企業が増えていくことを期待したい。

購入企業 株式会社HASUNUMA
公示日 2022年7月5日
購入店舗 三益球殿川崎塚越店
住所 神奈川県川崎市幸区塚越2-164
備考

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:270件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. 昔行ったなー。塚越商店街にあるんだよね。その時は、確か駐車場なかったと思う。チャリで行ってた。

    0
    0

今、読まれています!

1

今年4月にグランドオープンした日光商事グループの新店『nikko泉田店』。「Pスーパー海物語 IN  ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-M&A情報, パチンコホール情報, 関東エリア, 神奈川県
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島