×

北海道の「正栄プロジェクト」が立て続けに経営ホールを売却、函館市のパチンコ店『イーグルベイプラス函館店』がベガスベガスの傘下へ

北海道函館市にて営業中のパチンコホール『イーグルベイプラス函館店』がベガスベガスグループへと事業承継されたことが2022年8月5日付け官報に公告されている。

同店は函館空港近く、国道278号線沿いに位置しており、パチンコ機432台・パチスロ機219台(合計651台)の中規模ホールであった。半径5キロ圏内には『プレイランドハッピー本通店』や『ライジング函館五稜郭』といった有力ホールに加えて、『ベガスベガス函館神山店』(448台)も存在しているエリアである。

ちなみに更に範囲を拡大するとベガスベガスグループの経営ホールは一気に増加し、(2021年7月に取得した『メガガイア函館港店』を含めて)函館市だけで計5店舗のドミナント展開を行ってきた点も付記しておきたい。

なお、『イーグルベイプラス函館店』の運営母体であった「正栄プロジェクト」グループでは、つい先日にも『プラスイーグル砂川店』(北海道砂川市)をマルハンへと事業承継させることが公告されたばかり。近年では既存店舗の閉鎖・売却がずいぶん進んでいたものだ。

「マルハン」が「正栄プロジェクト」の既存店を1軒取得、北海道砂川市のパチンコ店『プラスイーグル砂川店』が業界最大手の傘下に

北海道砂川市にて営業中のパチンコホール『プラスイーグル砂川店』が、業界最大手のマルハングループに事業 ...

続きを見る

それでも茨城県稲敷郡の優良パチンコ店『アムズツインパーク』を傘下に収めるなど、ただ縮小するだけではない前向きな姿勢も見られており、事業構造の見直しが急ピッチで進んでいるといえよう。今、最も注目されるパチンコ企業といえるかもしれない。

一方で、『イーグルベイプラス函館店』を傘下に収めたベガスベガスグループでは、着実にその勢力を拡大中だ。先月には、大阪市港区の優良パチンコ店『K-POWERS大阪本店』をグループ化したことも大きな話題となったもの。これにて経営ホールは計36店舗まで膨らんでいる。

購入企業 株式会社ベガスベガス
公示日 2022年8月5日
購入店舗 イーグルベイプラス
住所 北海道函館市高松町227-2
備考

よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. イーグル大丈夫なのかな?閉店が多すぎる気がする

    20
    2
  2. 告知

    マルハンは犯罪店

    19
    9

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-M&A情報, 北海道, パチンコホール情報, 北海道・東北エリア
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島