×

埼玉県蕨市の『パチスロWINS』が株式会社アスカに事業承継される、小中規模ホールのM&Aが活発に

埼玉県蕨市にて営業中の『パチスロWINS』が、吸収分割により株式会社アスカに事業承継されることが9月6日の官報に公告されていた。

同店は「JR蕨駅」の西口からほど近い場所に店舗を構えており、総設置台数は133台のパチスロ専門店だ。同駅の反対側には『パラッツォ蕨店』などの有力ホールも点在しているエリアである。

なお、本年3月には『パチスロWINS』の向かいで営業してきた『パチンコWINS(222台)』が閉店済みで、(パチンコ館を閉めてパチスロ館は残すという)当時では少し珍しいパターンだった点も付記しておきたい。

一方で、同店を取得した株式会社アスカは埼玉県にてパチンコホールを展開するチェーン企業である。経営店舗の大半が「アスカ」の屋号を冠しており計7店舗を営業中だ。

近年ではM&A絡みの動きが活発であり、2020年3月には『パルコIN皆野』を取得。同年8月8日に『アスカ秩父皆野店』として屋号変更を伴うグランドオープンを実施していたが、2021年1月末より残念ながら休業となってしまった。

また、2021年7月には「イースペースグループ」から『Eスペース熊谷駅前店』と『スーパーEスペース肥塚店』の2軒を事業承継。ちなみに前者については『アスカ熊谷駅前店』として既に屋号変更を伴うグランドオープン済みとなっている。

小規模パチスロ専門店の今後に注目したい。

購入企業 株式会社アスカ
公示日 2022年9月6日
購入店舗 パチスロWINS
住所 埼玉県蕨市中央1-2-8
備考


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:5件 コメントを書く

  1. ここは、30年くらい前はゲームセンターだったんだよな。

    7
    0
  2. 韓国経営者が95%だわな。笑

    3
    2

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-M&A情報, パチンコホール情報, 埼玉県, 関東エリア
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島