×

千葉県のパチンコ企業「栄治産業㈱」が3店舗で閉鎖告知、『SLOTZEUS松戸店』『APOLLO SLOT』『LOTUS』は9月25日を以って全て閉店に

『SLOTZEUS松戸店』

栄治産業株式会社は千葉県にてパチンコホールを展開するチェーン企業である。経営店舗は「ZEUS」などの屋号を冠しており計5店舗を営業してきた。その全てが小規模ホールであり、内4店舗はパチスロ専門店となっていた点が最大の特徴といえるだろう。

その内の1店舗『ゼウスR16』については㈱湖北台産業に事業承継されることが8月26日の官報に公告されていたものだ。同店は国道16号線からすぐの場所に店舗を構えており、総設置台数は222台のパチスロ専門店であった。

千葉県白井市のパチスロ専門店『ゼウスR16』を㈱湖北台産業が取得、経営ホール数はこれで10軒目に

千葉県白井市にて営業中のパチスロ専門店『ゼウスR16』が㈱湖北台産業に事業承継されることが8月26日 ...

続きを見る

ちなみにこれが栄治産業グループにとって初の店舗閉鎖(売却)となっていたが、残りの店舗についてもこの度大きな動きが見られて話題となっている。

JR常磐線の「北小金駅」前にてドミナント展開していた3店舗が、2022年9月25日(日)の営業を以って全て閉店することが告知されていたのだ。

『SLOTZEUS松戸店』(パチスロ専門店162台)
『APOLLO SLOT』(パチスロ専門店111台)
『LOTUS』(パチンコ専門店188台)

これら3軒が他企業へと事業承継されるのか、このまま北小金駅の周辺からパチンコ店が無くなるのか。今のところ詳細は不明であるが、いずれにしても5店舗中4軒を手放すことは決まったようだ。

『APOLLO SLOT』

そして残る1店舗が千葉県印西市の『SLOTZEUS印西店』。県道4号線沿いに位置しており、総設置台数は210台のパチスロ専門店である。半径3キロ圏内には『マルハン千葉ニュータウン店』や『ブイゾーン印西店』などの競合ホールも点在しているエリアであり、こちらの動向も気になるところ。

1店舗でも多く営業を継続、ないし新生されることを期待したい。

『SLOTZEUS松戸店』の閉店案内。ほかの2店舗においても同様の案内がなされていた。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:225件)


コメント:41件 コメントを書く

  1. 常磐線乗ってて視界に入る度に鬱陶しいと思ってたあの建物も見納めですか?めでたいですねぇ

    115
    123
  2. お疲れさまでした。転職!転職!過去を後悔しても戻れません。未来!未来

    93
    23

今、読まれています!

1

秋田県秋田市にて営業中のパチンコホール『P-ZONE広面店』がマルハングループに事業承継されることが ...

2

ホームページなどで「スマスロ」導入を予告するパチンコホールが出始めている スマスロ導入の見通しが徐々 ...

3

知り合いのジャーナリストからパチンコ業界の展望などを聞かれる。そうして話している内に「公営ギャンブル ...

-パチンコホール情報, 閉店・休業情報, 千葉県, 関東エリア
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島