×

東京都江戸川区のパチンコ店『SANCO一之江店』がガーデングループの傘下に、小中規模ホールのM&Aが続く

東京都江戸川区にて営業中のパチンコホール『SANCO(サンコー)一之江店』が、吸収分割により株式会社Wガーデンに事業承継されることが9月9日の官報に公告されていた。

同店は都営新宿線「一之江駅」からほど近い場所に店舗を構えており、パチンコ機180台・パチスロ機105台(合計285台)の小規模ホールだ。近隣には『ガイア一之江店』といった競合ホールに加えて、Wガーデンが運営している『ウエスタン一之江店』も存在しているエリアである。

なお、『SANCO一之江店』を経営してきたのは株式会社GORYOで、新潟県にて2店舗を運営するなど計4軒を営業中。ちなみに近年では店舗閉鎖や売却も全く見られなかった点を付記しておきたい。

一方で、同店を取得した「株式会社Wガーデン」は遊楽ガーデンのグループ企業である。首都圏を中心にパチンコホールを展開する有力チェーンであり、計36店舗を営業してきた。近年では積極的なM&Aでその勢力を拡大してきたことでも良く知られている。

2020年に入ってすぐには「ウエスタングループ」の当時10店舗をまとめて事業承継したことも記憶に新しいところだろう。その際に立ち上げられたのが「株式会社Wガーデン」だった。ちなみに昨年8月頃には『ミリー西浦和店』も傘下に収めていて、それ以来となる店舗取得だ。

これにて一之江駅の周辺では2店舗体制に。どのようにすみ分けを図っていくのかにも注目したいところである。

購入企業 SANCO一之江店
公示日 2022年9月9日
購入店舗 株式会社Wガーデン
住所 東京都江戸川区一之江8-8-7
備考


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:224件)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります

今、読まれています!

1

新規則機時代へと突入した2022年も4分の3が経過し、残りは3か月となった。その間パチンコホールの閉 ...

2

テンガイグループのツイッターより 9月18日に鹿児島市に上陸した台風14号。暴風雨を伴いながら九州を ...

3

各台計数機・パーソナルを入れる前の「玉箱」があった方が従業員のモチベーションは高かった、とあるホール ...

-M&A情報, ピックアップ, パチンコホール情報, 東京都, 関東エリア
-, , ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島