×

奈良県最大のパチンコ店『123+N橿原店』が12月21日にグランドオープン、「未来への挑戦」をコンセプトに地域の活性化目指す

『123+N橿原店』店舗外観

『123+N橿原店』店舗外観

奈良県最大のパチンコ店がグランドオープン!

関西エリアを中心にパチンコホールをチェーン展開する延田グループ(本社・大阪市中央区)は12月21日、奈良県橿原市で営業していた『123橿原店』の屋号を『123+N橿原店』と改め、グランドリニューアルオープンを果たした。

今回のリニューアルによって営業面積を増床しており、総設置台数は941台から1146台(+205台)へと大幅にスケールアップしている。

設置台数の内訳は、パチンコ680台(4円パチンコ440台・1円パチンコ240台)、パチスロ466台(1000円46枚パチスロ423台・1000円178枚パチスロ43台)で合計1146台。

奈良県内の最大店舗が1040台の『スーパードーム大和高田店』であったことから、同店のオープンにより奈良県内の最大店舗として新しいスタートを切った格好だ。

『123+N橿原店』店内入口

『123+N橿原店』店内入口

店内設備に関しては、パチンコ、パチスロ共に全台各台計数機を導入。データ表示器は、パチンココーナーに「REVOLA(レボラ)」、パチスロコーナーに「ビグモプレミアム」を採用し、全台にUSB充電ポートが設置されていた。

また、今回のリニューアルによって床面をすべて絨毯張りとしたほか、パチンコ、パチスロ共に台間隔をゆったり持たせるなど、遊技環境の向上に力を入れている。

12時のグランドオープンに先立って、店内では司会進行役にDJの西川大介氏、MCの小島みなみ氏がオープン前のカウントダウンを行うなど、マイクパフォーマンスで盛り上げていた。

『マルハン橿原北店』が真向勝負で応戦!

『マルハン橿原北店』店舗外観

『マルハン橿原北店』店舗外観

近隣のパチンコ店においては、『123+N橿原店』と同じ国道24号線沿いに位置する『マルハン橿原北店』(総設置台数970台)が「真向勝負」と書かれたポスターを掲示して応戦。『フェイス860橿原』(総設置台数915台)と『SUPER COSMO 橿原店』(総設置台数800台)では、21日のオープンに合わせて装飾変更などのリニューアルを実施していた。

『123+N橿原店』オープンスケジュール

『123+N橿原店』オープンスケジュール

「未来への挑戦」をコンセプトに、奈良県最大のパチンコ店としてグランドオープンした『123+N橿原店』。年末の27日までオープンスケジュールが発表されており、同店の動きにはますます目が離せない。

123+N橿原店
奈良県橿原市葛本町201-2

『123+N橿原店』国道24号線沿いに立地

『123+N橿原店』国道24号線沿いに立地

回答結果 (回答数67件)

『123+N橿原店』のグランドオープンにより、さらなる激戦の様相となった奈良県・橿原市エリア。どちらの店舗に期待していますか?

123+N橿原店(52.2%)
マルハン橿原北店(22.4%)
フェイス860橿原(17.9%)
SUPER COSMO 橿原店(7.5%)
投票は終了しました

アンケート一覧はこちら


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:1件 コメントを書く

  1. マルハンの入口にゴミを捨てて帰りましょう。犯罪店は撲滅

    2
    3

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 奈良県, 近畿エリア
-, , ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島