×

年末のグランドオープンとしてはやや物足りない稼働状況も、宮崎県宮崎市のパチンコ新店『シリウス清武店』はシンプルイズベストの姿勢を貫く

『シリウス清武店』

宮崎県宮崎市にてパチンコ新店『シリウス清武店』が2022年12月28日(水)にグランドオープンを果たしている。

同店は国道269号線沿いに位置しており、元『MGM清武店』があった場所への居抜き出店だ。パチンコ機320台・パチスロ機160台(合計480台)の中規模ホールで、設置構成などは前店から変わっていない。

ちなみに半径3キロ圏内には競合となるパチンコ店もなく、周囲はのどかな田園風景が見られるなど落ち着いた雰囲気のエリアとなっている。編集部ではグランドオープン2日目となる12月29日(木)の12時に現地を視察してきた。

『MGM清武店』が閉鎖されてから約4ヶ月間が経過していることもあって、個人的にはグランドオープンを大々的にアピールしていることを予想していたが、実際に訪れるとそういった雰囲気はあまり感じなかったのが正直な感想である。

これはシリウスグループ全体の傾向であるが、店内外の装飾は至ってシンプル。無駄に煽ることもなく、実にすっきりとした店内になっていた。そのためグランドオープンらしさという点では物足りなく映る人もいるかもしれない。

また入場時も通常抽選と同じような感じであり、あえて特別感を出さなかったようにも思えたものだ。視察時の客付き率は50%超に留まっていて、パチンコ機にはやや空き台も目に付いたところ。それでも時間が経つごとにお客様の数は順調に増えていた。

むろん大手チェーンの大型ホールなどと比べると盛り上がり方に大きな違いは見られる。ただし競争環境が緩めで周辺顧客を大切にすべき市場環境であることを踏まえると、けっして悪くないスタートと評せることだろう。

最初だけ派手でも続かなければ意味がない。そんな姿勢が垣間見えるグランドオープン店舗だった。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:2件 コメントを書く

  1. 控えめな外観が、オーナーの堅実な経営理念を想起させる
    居心地のよさそうなイメージで、女性客も入店しやすいだろう
    とっとと他県に進出してきてください
    私はこの店でパチンコしたいです。

    14
    19
  2. 50%強内容から、残念だが!売上は、見込めないでしょう。50%強も、盛った感じがするから、実際は、これよりも下だろう。

    9
    4

今、読まれています!

1

新台導入状況、機種構成からパチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回対象と ...

2

今の時代、若者だけでなく都心部の中高年層も含めて多くの人がキャッシュレス生活に移行しており、多額の現 ...

3

「1週間シリーズ【完全ハズレ目に見えるリーチ目編(新ハナビ)】」より 今回紹介するのは「A PROJ ...

-グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 宮崎県, 九州・沖縄エリア
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島