×

グランドオープン初日に「システムトラブル」が発生し急遽20時閉店となる、福岡県久留米市のパチンコ店『WIN-WIN ONE』にて

『WIN-WIN ONE』

福岡県久留米市にてパチンコホールの新店となる『WIN-WIN ONE』が2022年12月29日(木)にグランドオープンを果たしている。編集部ではオープン当日に現地を視察してきたのでレポートしたい。

同店は「西鉄久留米駅」から少し離れた場所に店舗を構えており、本年1月に休業していた『キングイーグルズ久留米店』跡地への出店案件だ。4円パチンコ213台・1円パチンコ28台、1000円46枚貸スロット247台(合計488台)の中規模ホールとなっている。

ただし500台近い遊技機台数に対して駐車場は250台ほどで、(グランドオープンの混雑時には)圧倒的に駐車スペースが不足していた。13時過ぎには当然のように満車となっており、臨時の駐車場とされていた近くの文化センターへと案内された顧客も多かった模様。徒歩5分ほど離れていたのは少し気になったところか。

なお、前店は総設置台数が427台だったが、パチスロ機が増台されるなど60台ほど増やしてのグランドオープンと相成った。ちなみにスマスロも14台設置されている。

居抜き出店として建物自体は以前とそれほど変わっていないようにも映ったが、内外装はむろん一新されており新店らしさは十分に感じられたものだ。空き台はわずか4台だけで、ほぼ満席スタートと呼ぶに相応しい客付きを見せていた。

しかし増台した影響もあってか、店内がとても狭く感じてしまった点は否めない。特にパチスロコーナーの島間は相当狭く、ストレスを覚えるユーザーも居ることだろう。

また、島図が見当たらなかったため、どこに何があるのか非常に分かりづらかった点も個人的には不満。狭めな店内で目当ての機種を探すのは一苦労だった。スタッフの方に尋ねても把握されていないケースがあったのは致し方ないが、そこは掲示物などでフォローしたいところだ。

満席稼働でまずは素晴らしいスタートを切った『WIN-WIN ONE』。しかしながら「会員カードのシステムトラブル」があったようで、急遽閉店時間が繰り上がり20時閉店になったこともアナウンスされていた。

トラブルが起きてしまったこと自体は仕方ないが、少なからず店舗の印象を損ねてしまったのは事実だろう。今後の営業で是非とも取り戻していただきたいものである。


よく読まれてる記事はこちら
(コメント数:79件)


コメント:7件 コメントを書く

  1. 全くこの店出さない

    43
    6
  2. グランドで出しすぎてなんやかんや言い訳つけて早じまいする店は確実に期待できない

    33
    3

今、読まれています!

1

新規則機イヤーとなった2022年に閉店したパチンコホールは全国で計770店舗だった(編集部調べ)。こ ...

2

1月度におけるパチスロの最多導入は「HEY!エリートサラリーマン鏡(パオン・ディーピー)」だった 今 ...

3

「大阪楽園グループ」は大阪府にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は「ラクエン ...

-福岡県, グランドオープンレポート, パチンコホール情報, 九州・沖縄エリア
-, ,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島